水道工事の断水の不便さを乗り切る方法

配水管定期点検や工事を行う際に、一時的に周辺一帯で断水を行います。トイレや台所が使用できず、日常生活で不便な思いをしますが、安全に水道を使用する為には仕方のないことだと認識されている方が多いのではないでしょうか。しかし、断水の前の事前準備や、断水後に注意すべきポイントを抑えることで、不便さを最小限に抑えることができるのです。

■水道工事開始前にやること

まず、水道工事の日程が事前に張り出された時点で、その前日までに洗濯等の家事は終わらせておきます。お風呂やペットボトルに水を溜めておき、必要な水を確保しておきます。この時、工事が長引いた時の事を想定し、大目に用意するのがお勧めです。食器などの洗物等も工事開始前までに完了するようにスケジュールを組みます。集合住宅の場合、断水中に使用できる公共のトイレ等の案内もあるので、確認しておくと安心です。
特に家にいなければならない事情がない限りは、工事が終わるまで外出してしまうのも、1つの手段です。

■水道工事終了後に注意すること

工事を行った直後の水道からはサビや土等が混ざった水が出ることがあります。その為、断水が解除されたらまずは水道の水を透明な綺麗な水になるまで出すことが必要です。洗面台やキッチンの水道から水を出して、最後に給湯器の水を出します。これはサビ等が給湯器に入り込むのを防ぐためです。念のため断水後すぐの水はそのまま飲むことは控えましょう。


■まとめ
快適な暮らしのために必要な水道工事ですが、万が一ルールを無視して、工事中に水道を使用したりすると、水道管の故障の原因になりかねません。近隣の方も含めてルールを守り、安全に暮らしていく為に協力し合うことが大切です。もし、断水後に水が出なかったり、サビが混じった状態が続くような困ったことが起こった際には施工業者に問い合わせましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ