水道工事を依頼するなら資格の有無を確認

水道 評判が良く、信頼できる工事業社を依頼する際に、何を基準に選べばよいか悩んでしまいがちです。選択する際に、1つの目安となるのが資格を保有しているかどうかです。数多くの施工業者が存在している中からより良い業者を選択するためにも、どのようなものがあるのか知っておくことが大切です。ここでは代表的なものをピックアップして紹介します。

■水道工事に必要な資格

給水装置工事主任技術者とは、給水措置工事の管理や指導を行うための国家資格です。実際に施工を行うのではなく、管理する役割を担います。こちらが上水道を担当しているのに対し、その下水道版と言えるのが下水道排水設備工事責任技術者です。その他に、水道技術管理者は、すべての水道が安全な飲料水として使用できるよう管理します。この水道技術管理者を持った人が給水装置を設置工事しなければ、水道として使用することはできません。

■無資格でもできる工事

給水設備や排水工事等は素人は手を出せませんが、パッキンや蛇口の交換に関しては、作業を行う事が可能です。断熱材の張り替え工事も厳密な規則はありません。但し、正しい知識を持たずに工事を行うと、故障や水漏れを引き起こすこともあるため、注意が必要です。せっかく安価に済まそうと思ったことが結果的に2重に手間とお金がかかってしまい、もったいない結果になってしまう可能性も考慮しておきましょう。

■まとめ
施工会社が多数ある中から、安心できる業者を確認する際には、ホームページに保有資格が掲載されているか、を見ることも目安になります。水道 評判についての口コミなどが掲載されているものもあるので、事前に確認するのがお勧めです。また、万が一問題が再発した場合の保証があるか、という点も確認しておくと安心です。値段や手軽さだけで、選ぶことなく、長期的にお付き合いのできる施工会社を見つけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ